営業種目






 測量部門

営業種目:基準点測量・地形測量・路線測量・河川測量・用地測量・工事用測量・山腹工測量

測量技術者は大地を描く地球の絵描きです。測量の多くは何もないところからスタートし、
山の高さ・川の深さ・道路等の位置や高さを示した地図を作ることにより、その先の設計図面・
工事図面へと進んでいく社会のインフラ整備の基礎となるものです。
 古くは伊能忠敬の時代、長さを測るにも目測(目で測る)や歩測(歩いて測る)・
テープで測っていた時代から、現代は光波で測る地球規模のGPSによる
実測へと変化し、測量技術は日進月歩しています。

また、UAV(無人航空機)を用いた3次元測量・調査等を行い、
迅速かつ正確なデータを提供いたします。

人が立ち入ることの出来ない危険な場所や災害時の状況の把握、
直接見ることの難しい橋梁下部等の点検など、維持管理に伴う調査・点検に
幅広く活用することができます。

弊社は何をどのようにして測ればよりよい絵(図面)が描けるのか、
常に創意工夫し絵描いています。

















○○○○○○○○イメージ

 設計部門

営業種目:道路・河川砂防・橋梁・農業土木・森林土木・公園

道路、河川砂防、橋梁、農業土木、森林土木、の各分野で実績を積み、
土木設計を通じて社会基盤の構築・整備に貢献しています。特に近年では
社会基盤整備において、高齢化社会への対応・環境問題への
配慮などの社会要求が高まっています。
これらの要求に対し、積極的に取り組むと供に技術力向上に
努めています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 補償部門

 営業種目:土地調査・物件調査・機械工作物・営業補償・特殊補償・事業損失・補償関連

公共事業等に伴う建物等の移転に際して、公共団体等から「用地調査」を受託し、専門的な見地から
調査算定し、用地交渉が円滑に進むように資料作成する仕事です。
 「建築」といえば「無から有を造る」仕事であり、結果的に形が残ります。しかし「補償」の場合は
「建築」と正反対であり「有を無にする」仕事となります。また建物に限らずブロック塀(工作物)・動産・
立竹木等、地権者毎に財産を調査算定する仕事です。そのため建築基準法・民法・不動産登記法・
立竹木の種類等幅広い知識と資格(1級建築士・補償業務管理士)が必要となる業務です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


○○○○○○○○イメージ

 調査部門

営業種目:地表踏査・地質調査・土質調査・原位置試験・質内土質試験・岩石試験・水質試験・地下水源試験
      その他試験及び解析

地盤調査(地質調査・土質調査)は建築物や道路などの土木構造物を設計・施工する上で
地質構造や各地層の物理的・化学的な性質を明らかにするために必要不可欠なものです。
弊社では、建設工事に伴う地質調査や防災のための斜面調査などの地盤調査業務を行っています。  







 

 

 


○○○○○○○○イメージ

 文化財部門

営業種目:埋蔵文化財に係る発掘本格調査・分布調査・試掘調査・発掘調査支援・遺物整理・報告書作成
      遺跡測量一般及び史跡整備設計、施工管理

埋蔵文化財は他の文化財と同様、かけがえのない国民共有の財産であり、それに携わることは
極めて公共性の高い職務と自覚しています。そのため業務の遂行にあたっては、文化財保護法をはじめ
各種法令を遵守することはもちろん、より高度の専門性・技術力を追求し、考古学技術者の良心に従って
埋蔵文化財に係る総合的な業務を行います。